小児歯科
診療科目

小児歯科

小児歯科

お子さまの目線で考え、お子さまの目線を大切に治療を行なっております。
お子さまの将来を考え一緒に治療を始めてみませんか?
子どもの”えがお”が、当歯科医院の喜びです。
お子様の口・歯の事でお悩みのお父さん・お母さん、どうぞ大牟田ファーストデンタルクリニック大牟田ファースト矯正インプラントセンターへご相談下さい。

お子様の虫歯

乳歯は、永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいものです。また、乳歯も永久歯も生えてきたばかりの歯は、虫歯になりやすく、進行もとても早いので、子どもの虫歯には注意が必要です。  
特に食生活や歯みがきなど、小さな子どもの虫歯は、保護者の管理が大変重要です。
正しい知識をもって最適なケアを行ない、 子どもの虫歯を作らないようにしましょう。

果汁飲料、乳酸飲料、スポーツ飲料など、お子さんに過剰に飲ませていませんか? これらには驚くほど砂糖や果糖が含まれており、 乳幼児期に過剰に摂取すると虫歯だけでなく将来の偏食や肥満にまでつながると言われています。できれば水やお茶などで水分補給するように心がけたいものです。

生まれたての赤ちゃんの口の中には、もともと虫歯菌は一切いません。
虫歯菌を持たない赤ちゃんに虫歯菌を移すのは、ほとんどの場合はお母さんを始めとした家族です。たとえば赤ちゃんへのキスや口移しでの食事などでも虫歯菌は赤ちゃんに移ってしまいます。
虫歯にかからないように育てるためには、周囲の大人が口内環境を整えて赤ちゃんに接することが大切です。 赤ちゃんが生まれる前から定期検診を受けて、口の中の虫歯菌を減らすようにしましょう。 また、食事を与える際には親の箸やスプーンは使わずに、赤ちゃん専用のものを使うようにしましょう。

お子様の歯を守るために

甘いもの(糖分)を口にすると、虫歯菌が酸を出し、歯が溶けはじめます。しばらくするとだ液の力によって酸の中和と、再石灰化(溶けだしたミネラルが歯の表面に戻る)がおこなわれ、元の状態に戻っていきますが、甘いものを長時間口にしたり、一日に何度も口にしたりしていると、ずっと歯が溶け続けている状態になります。
甘いものをすべてやめる必要はありませんが、なるべく間食の回数を控えて、規則正しい食生活を送れるよう管理することで、お子さんを虫歯から守ってあげましょう。


寝ているあいだは、だ液の分泌量が減り、虫歯の出す酸に抵抗する力が弱まります。 
寝る1時間前には、飲食を終わらるようにしましょう。


乳歯のお子さんは、まだ自分できちんと歯を磨くことができません。 小さいころから歯磨きの習慣をつけていただく必要はありますが、8歳ぐらいまでは、ご家族の方が仕上げ磨きをしてあげてください。

アドバイス

・歯ブラシは右手で鉛筆を持つように。
・左の人差し指と中指で、お子さんのくちびるを広げましょう。
・歯ブラシは、軽い力で横に10回細かく動かします。
・毛先が前歯の歯ぐきに当たらないように気をつけて。

医院情報

大牟田ファーストデンタルクリニック 大牟田ファースト矯正インプラントセンター

アドレス

福岡県大牟田市岬町3-4
イオンモール大牟田1F

0944-32-8901

メニュー

一般歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント

map

page top